忍者ブログ

log24=

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド ~既視聴者編~

※この記事は2013年3月に書いた記事の改訂版になります


はじめに
こちらはBBCドラマ「ドクター・フー」を、日本語で視聴可能なシリーズの大半を見ている方向けの解説になります。
まだ見たことがない、もしくは見始めたばっかりの方は『日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド ~初心者編~』をご覧になった方がいいかと思います。



参考になるサイト集
あくまでこの記事は書いている私個人の主観的な内容になっています。客観的な文章は苦手です。おまけにファン歴も浅い。
「そんなお前の考えはどうでもいい」という方は以下のサイトさんをご覧になる方が役に立つと思います。
【祝50周年】世界で盛り上がりを見せる長寿TVドラマ「ドクター・フー」とは?【Doctor Who】 - NAVERまとめ
DEFINITELY A MADMAN WITH A BOX !
タイムトラベル専門サイト フィクションから実話まで!
The Doctor Who Fan Site Japan
なお全部無断リンクなので、問題があるようでしたらいつでも外します。


では、Q&A形式でのガイドスタート!
(2014年9月5日更新)
PR

日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド ~初心者編~

※この記事は2013年3月に書いた記事の改訂版になります



はじめに
こちらはBBCドラマ「ドクター・フー」をまだ見たことがない、もしくは見始めたばっかりの方向けの解説になります。
日本語で視聴可能なシリーズの大半を見ている方は『日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド ~既視聴者編~』をご覧になった方がいいかと思います。



参考になるサイト集
あくまでこの記事は書いている私個人の主観的な内容になっています。客観的な文章は苦手です。おまけにファン歴も浅い。
「そんなお前の考えはどうでもいい」という方は以下のサイトさんをご覧になる方が役に立つと思います。
【祝50周年】世界で盛り上がりを見せる長寿TVドラマ「ドクター・フー」とは?【Doctor Who】 - NAVERまとめ
DEFINITELY A MADMAN WITH A BOX !
タイムトラベル専門サイト フィクションから実話まで!(ネタバレ有り)
The Doctor Who Fan Site Japan
なお全部無断リンクなので、問題があるようでしたらいつでも外します。





2014年9月19日よりBBC JapanがtwitterFacebookで【新人宣伝担当がマスターに聞く!ドクター・フーの謎】という連続企画をやっています。
その回答側、つまりマスターという形で解説しているものの原文を私が担当しています。

初心者向けなので簡略化していたり、Twitterでは役柄付き(口調の大半はBBCJ側が付けています)だったり、私の回答に過不足やミスがあるかもしれませんが、2013年にこの記事を書いた時もこれからドクター・フーを見る人の役に立ちたいと思っていたので、公式にそのお手伝いの一部になれたかもしれないのが嬉しいです。
なのでTwitterのハッシュタグ #DWの謎 をチェックしていただけると有り難いです。
 



では、Q&A形式でのガイドスタート!
(2014年9月22日更新)

絵本作家ジョン・クラッセン トークイベントに行ってきた



"I WANT MY HAT BACK"とは、帽子が無いことに気付いたクマが森の動物たちに「僕の帽子知らない?」と聞いて回る絵本。
読者にはその犯人がすぐに分かるけどクマはなかなか気付かない。そして気付いた時の行動とは。
表情に乏しい動物たちのイラストと笑いを呼ぶストーリー、そしてちょっとブラックなラストが特徴のお話。あと何故か日本語版が関西弁。タイトルも『どこいったん』になってる。
この絵本を私が知ったのはdeviantARTの中。しかもオリジナルではなく、"I Want Mah Roes Back"という二次創作版。まあタイトルで分かるようにドクター・フーの二次なんだけど。
面白い話だと思って調べたところ絵本が元ネタだと知って、いつかオリジナルも触れたいなあとぼんやり思ってしばらく。
先日作者ジョン・クラッセンが来日してトークイベントをする、という話をツイッターで見かけたもんで、行ってきたレポみたいなもの。

RSC「リチャード二世」 Live from SUAと2013年10月19日上演分の違いまとめ

大画面とスピーカーで味わうデイヴィッドに酔いしれてきましたイオンシネマ…まあ今事実スミノフで酔ってますけどね…


2月にも見に行くんですけど、今の内に私が見た時との違いをリストアップして次に見る時の参考にしようという作戦です




"日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド"について

最初は
「ニコ生もあったことだし、これを機会に『ドクター・フー』視聴者増えたりしないかなっ。そうしたら楽しいだろうなっ(私が)。あっそれならいい機会だしフォロワーさん向けに記事書いて『これ読めや…』ってやればいいんだなっ!」
っていうノリで書いていました。


それが、驚いたことに一番このブログで読まれている記事になって、しかもほぼ毎日新規の方が読みに来ていると言う事態になりました。去年書いた時にはまさかこんなことになるなんて思ってもなかったですよ

そして記事を書いた当時は日本でS3までしか見られなかったのが、今ではS7までの配信が確定しているという約1年前からは考えられない状況に。




ふと思いました。
ここまで状況が変わるなんて思いもせず、しかも身内向けに書いている内容なので、テキトーだし書き足しでぐっちゃぐちゃになっている。
で、もうそろそろ書いて1年経つ。
…書き直し、した方がいいんじゃないの?



ということで3月を目処に改訂版を出す予定です。
それに当たりまして、ここを見てくださる方にちょっとだけお願いというかご協力というかなんかそんな感じのアレです。
…自分で言ってて今凄く恥ずかしい…何様だ私……いや今はそれは置いといて


「これについて書いて欲しい!」「これは書いてあると初心者に分かりやすいと思う!」と言った質問を募集します。
元記事は私が「これ書いたほうがいいだろうなー」というノリで書いているので、きっと新規の方には分かりにくい内容だと思っています。
なので、今度は本物の質問も含めた内容にしたなあと。


勿論元記事の内容はそのまま移植です。ですが同時に「これは分かりにくいからもっと詳しくor簡単にして欲しい!」という要望もお待ちしております。
なお今回は「これから見始める または 数話見た人向け」「取り敢えず日本語で見られる本編は通過した人向け」の二本立てにする予定です。出来なくて1つの記事になる予感もしてますがその辺はまあ気にせず。


質問・要望などはここのコメントでもTwitter宛でも構いません。Twitterの方が割と楽。誰かに見られるのやだーとかアカウントねーよなら承認制なのでコメントでどうぞ。ちなみにコメントは記事に反映させませんです





以上!
待ってます!何も来なくても書くけどね!

「そもそも"日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド"って何だよ」って人はこちら

プロフィール

HN:
イチジョウ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
David Tennantの暑苦しいファンでDoctor Who好きでTake Thatの割と古いファン

普段はtwitterで暮らしています。時折tumblrに出掛けたり。

Davidの最新情報はbotで流してます

その他細かいことははじめにタブに記載

日本在住のDoctor Who初心者向けガイド
最近のDavid Tennant出演作オススメリスト

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者アナライズ

Copyright © log24= : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]