忍者ブログ

log24=

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『Gracepoint』 #10

遅くなったけど最終話感想。見たのは数週間前。勿論犯人は言わないよ。












ジュリアンちゃんがーーー!!!
電話をーーーーー!!!
しかもFaceTime的なやつーーー!!!
カーヴァーさんが携帯使えるようになってここまで興奮するとは思いませんでした。しかもニコニコしてたし。すげえ、精神の回復が嬉しすぎる。


ってそういうドラマではありませんねこれは。
犯人と邂逅するまでのやり方はBroadchurch同様。だけど犯人と動機が違ってた。
Broadchurchの犯人がちょいキモかったのと比べると、こっちは未必の故意だねえ。
感覚でしか捉えられない動機か、明白な動機か。私が見た限りでは確かに前者は英ドラ的だし後者は米ドラ的だ。


で、まあ一応クリフハンガー要素は残ったわけだけど(1クール打ち切りだが)、その話の広げ方も私は好きだった。
犯人があの人だったためにそりゃあそうなるわけで、そこをいくら娘と関係改善できるぐらいコミュニケーション能力が戻ったとはいえ、やっぱり彼はエメット・カーヴァーという冷徹で容赦無い刑事であり、きっと追い詰めていくんだろうなって思う。


私がGracepointで恐れていたのはカーヴァーさんに恋愛要素が追加される可能性だったので、それが無かったのは本当に良かった(米ドラに対する偏見)
徹頭徹尾男女刑事コンビの信頼があっての作品だった。その他の登場人物の感情もじっくりなぞっていたのも良かった。


まあ何が駄目だったかと言えば、妙にスローなカメラワーク、アメフトと同時間枠放送、何だかんだでBroadchurchのほうが面白かったってことですかね。
でも小綺麗でアメリカンイングリッシュ話すデイヴィッドを3ヶ月ほど堪能できたので私はリメイクしてくれて良かったなって思うです。



ところでBroadchurchが1月5日放送でGracepoint最終話から一月も経たない内に私ハーディさんに会うんだけど。早い早い私ずっと髭無表情よれスーツバージョンのデイヴィッド追っかけてる気がするよ!?

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
イチジョウ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
David Tennantの暑苦しいファンでDoctor Who好きでTake Thatの割と古いファン

普段はtwitterで暮らしています。時折tumblrに出掛けたり。

Davidの最新情報はbotで流してます

その他細かいことははじめにタブに記載

日本在住のDoctor Who初心者向けガイド
最近のDavid Tennant出演作オススメリスト

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者アナライズ

Copyright © log24= : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]