忍者ブログ

log24=

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Snowmen

いやはや、クララには驚かされた!
モファットの頭の中を覗いてみたいぐらい。


ということでドクター・フー・クリスマススペシャルの解説未満なSpoilerしますね。

雪だるまで遊んでる小さい頃のドクター・シメオンがThe Great Intelligenceに魅入られたのが全ての始まり。
「他の子なんて馬鹿みたい」『ばかみたい』と鸚鵡返しする雪だるま。怖い。この時点で怖い。
そして50年後、そこには雪だるまの雪を削りだしてドームに供給するシメオンが!
「明日が計画の実行日だ。多くの女性と子供が夢を見る、それがチャンス」と、雪の効果が少し明かされる。

一方とある酒場で働くクララ。ジョッキを片付けて外に出たら、さっきまで無かったはずの雪だるま(人間大)が出来てる。そこを通りかかった人物に「これあなたが作ったの?さっきまで無かったのに」
ここでドクター登場。暗い表情、スクルージっぽいという事前情報通り笑顔は前半ほぼ無し。
一度話しかけられても無視するけれど「さっきまで~」の部分を聞いて思い直すドクター。眼鏡を掛けてよく見ようとするけれどこの眼鏡がエイミーのという…
今回はネクタイなドクターだけど、これも後々理由が出てくる。

クララとはすぐに別れて馬車に乗るドクター。中に取り付けられたマイクでヴァストラから「また同じような出会いをしそうになって、あなたはいつも同じ2言で始めてしまうんだから」と指摘。
「僕の名前はドクターだし、2言って何のことだよ!」とヴァストラにイライラしながら言うドクター。ここでクララが馬車の上から逆さまに現れて、いつもの2言を。
"Doctor? Doctor Who?"


びっくりした顔かつ『あーこれだったね…』な顔で固まるドクターからここでOP。変わった!曲も映像も変わった!
アレンジは同じだけどラスト部分がちょっと違うのとSE付きになったのが大きい。映像は多分7代目以来久々のドクターの顔入りに。50周年意識でクラシカルにしてるのかしら。

キャプテン・ラティマー(軍人なのかな。説明不足か聞き取れてない)の邸宅を訪れるシメオン。凍った池で溺死した家庭教師が後々現れて重要になる、と言って去っていく。
直後シメオンはシルリアンのマダム・ヴァストラとその妻で人間のジェニー・フリントに挟まれる。この二人と後で出るストラックスは"A Good Man Goes to War"からの再登場。
ここ数日降り続く雪がテレパシーで通じれる要素を含んでいるものであること、それを悪人が使えばどんな事でも出来ることが判明。シメオンは何か企んでるらしい。雪だるまに人間食べさせてるし。「食事をいただけませんか?」「よろしい---ああ、"誰の"食事か言い忘れたな」 わっるーい!これは子供トラウマなるですよ。

雪の調査をするドクターとソンターランのストラックス。どうやら記憶を消せる虫を探しているらしい。
ソンターランのジョークいいね…ちょっと頭悪いと見せかけてわざとそう見せてるだけとか面白いやつだww
でも雪から人を守る気のないドクター。「1000年近く世界を守ってきた。でも宇宙はそんなこと気にかけやしない」
本当にいつもと様子の違うドクターだなあ。

その近くの馬車に閉じ込められてるクララが馬車を揺さぶる勢いでドクターに文句を言い続ける。やだこの子走って馬車に追いついたりアグレッシブだわ…
そこに襲いかかる雪だるま。1体が現れ、2体、3体…
ここでドクターが「この雪は君の考えを反映している、だから雪が溶ける想像をするんだ!」
戸惑うクララだけどなんとか考えて溶かす。

どう見ても人間じゃないストラックスに謎のドクターが気になって仕方がないクララに、関わるのが嫌そうなドクターは記憶を消す虫でクララに忘れてもらおうとする。
馬車でストラックスに送らせるけれどちゃっかり抜け出すクララ。アサシンだ、アサシンだよこの子…

ドクターを追いかけていくと何もない公園で口笛を吹きながら急に現れたハシゴを掴んで消えていく。そんなのを見たクララ、気になって仕方がなくなりハシゴを探し出してそのまま上へ。
その先は螺旋階段が雲の上までずーっと続いていて、登り切った先にはターディスが。
このターディス、光の加減なのかちょっと色が変わってる?と思ったらボロボロになってただけだった。どういうことだろう、それぐらいの時間滞在し続けているとか、どこか危険な場所にでも行ったとか…?
ノックしたら出てくるドクターに隠れるクララ。まじアサシン…
そのままくるっと視線をかわして下に逃げ帰るクララだけど、落としたストールの匂いを嗅いだ(!)ドクターが事態を把握。

荷物を持って酒場を出るクララ。馬車に乗って中で着替えて、着いた先はキャプテン・ラティマーの邸宅。
ここでクララはミス・モンテギューとして2人の子供達の家庭教師もしていた。ちょっとよく聞き取れなかったけど、「しばらくお休みを取っていてごめんなさい」ってことは酒場にいたのは何か理由があったのかな。この辺も特に説明がなかった気がする。
ちなみにキャプテン・ラティマーはミス・モンテギューが好きらしい。

ラティマー家の娘フランチェスカと息子ディグビーと再会。礼儀正しい家庭教師って感じのミス・モンテギューだけど、小さい声で"Hello mates"と挨拶するあたりかなり仲良さげ。
フランチェスカは悪夢に悩まされている。凍った池から元家庭教師が現れて罰を与えに来るらしい。ディグビーも彼女が嫌いだった。「お父様に相談したら?」「そんなの聴いてくれないよ」というあたりでラティマー家の関係がうっすら。

ドクターの助けが必要と感じたクララは例の公園でハシゴのあった場所に向かって「ドクター!」と叫ぶ。
真昼間なので目立つし怪しいのなんの。即座にジェニーが気付いて止めさせる。
「私はドクターに用があるの!」「Doctor Who?」
これでジェニーがドクターの関係者と理解したクララ。彼女と一緒にヴァストラの屋敷へ。執事な立場のストラックスはクララが逃げたことを少し恨んでるww 軍人種族だしなーソンターラン

ヴァストラの外見に躊躇するクララだけど特に言葉は発せず。このあたり肝が座っている。
「ヴァストラからの質問に答えればドクターの助けを頼んでもいい、ただし1単語しか話しては駄目」というルールのもと状況説明開始。

「あなたはドクターに会ったのね?」
"Yes"
「そしてまた会いに来た。何故?」
"curiosity"
「何について?」
"snow"
「彼に関わる?」
"yes"
「彼に何を求めているの?」
"help"
「何故?」
"danger"
「何故、彼があなたを助けるの?」
"kindness"
「ドクターは優しくなんか無いわ」
"no"
「いいえ。人間を助けてはくれないわ。たとえ誰だろうと。彼らは私たちの上にいる人物で、私たちの守護者でも協力者でもない。私の言ったことが分かるかしら」
"what"
「彼は…昔は違った。遠い昔のことよ。優しくて、ヒーローで、世界を救って。でも悲しみに見まわれ、失って、傷ついて、今は再びそういうことが起きないように一人でいようとしている。私が何を言っているか分かる?」
"words"
「私たちは彼を一人にしてあげなければいけない。だから、テストをしてあげる。どうしてドクターの助けがいるのか、すべての状況からそれを判断して言って。ただし1つの単語で」

※適当訳
そしてテストの結果がターディス内のドクターに。クララの一言は"pond"
勿論池の意味でクララは言ったけれど、ドクターにとっては大切な人たちの苗字。その時してたのもエイミーの眼鏡。
このシーン、単語でドクターが行動を開始するといえばS4の「Turn Left」。ドクターは言霊を信じるタイプ?


これでドクターはクララを助けることを決意。ドクター・シメオンの邸宅に突撃。
この時のドクターはシャーロック・ホームズを名乗っていて、これは事前のトレーラーでも出てたけど、モファット脚本でホームズネタをやるというとある意味コラボ的な何かに。ただしシメオンは「あれは創作」と即座に返してつまらなかったけど。
この辺りは早口なのでよくわからないまま。要はキャプテン・ラティマー邸の池で凍った元家庭教師の体をThe Great Intelligenceが乗っ取れば人間を支配できる、的な感じらしい。DNAごと真似しやすい、とかなんとか。

そして遂に凍った元家庭教師が復活。フランチェスカとディグビー、そして一緒にいたミス・モンテギューを襲おうとする。
即座に逃げる3人が追い詰められて、ディグビーが「助けに来るって言ってたドクターはどこ!」というと、その部屋の端にあった人形劇用の装置(でいいのかな)からサンタ人形を操るドクターが声色を使ってソニックで氷を粉砕!
この前のシーンからドクターの右手がなんだか暴走気味。右手といえば切り落とされた右手と復活した『戦いのための右手』が思い出されるけど、もう再生後だし関係ないとは思うんだよなあ。でもそれじゃあ何だったんだろう?
この時鏡を見たドクターがボウタイをしてることに気付く。ずーっとネクタイしかしてなかったけど、クララから緊急だと聞いて着替えた時についしちゃったのかな。当然ポンド夫婦を思い出してしまって複雑そうな顔。
この時外が寒い(cooler)と言ったクララを格好いい(cool)の方と勘違いしての、"Bowties are cool"。でも無理した笑顔なドクターが痛々しい。

復活しそうな家庭教師に慌てて下の回に逃げ出すけれどそこでキャプテン・ラティマーと遭遇。当然見知らぬ男であるドクターにあんた誰だよ状態の彼に、ドクターは「えっと、僕はこの家庭教師の紳士の友人で、その、キスしてました!」  言い訳じゃないだろwwwww
何か言いたそうなラティマーだけどそこにメイドさんが庭の雪だるまたちの襲来を伝えに来て中断。そして玄関にはマダム・ヴァストラとジェニー・フリント。当然ヴァストラの外見に絶叫するメイドさんに追い打ちをかけるストラックス。メイドさん失神。
ちなみにこの階段の角度と床のタイルでもしかしてここHuman NatureとFamile of Bloodの学校じゃね?と思ったけど、映像確認したらやっぱり同じでした。更にトーマス・サングスターが演じてた少年の名前がティム・ラティマー。つまり子孫だったのか彼は…

ミス・モンテギューに恋するキャプテン・ラティマー、「何か質問は?」とドクターに聞かれて呆然としつつ「…君に紳士の友人がいたとは…」
更にクララと呼びかけたことに「誰だクララとは?」「あなたの家庭教師の正体は酒場の給仕クララですよ」。ドクターの容赦無い追い打ちにクララも硬直。
で結局2足のわらじの理由は明かされなかった。はず。

で、ドクター・シメオンとThe Great Intelligenceの目的が人間を氷の兵隊に作り変えることだと判明。止めるために氷の家庭教師を引き離す作戦をし始めるドクターについてくるクララ。
ここでクララからドクターにキス。ドクターの慌てぶりというか体の動きが何とも言えず。あれは動画でないと分かりにくい…うねうねしてた…

家庭教師の倒し方は傘を使え、という再びのテスト(であってるはず)。正解は屋上に隠されていたターディスのハシゴに引っ掛けて下ろすこと。
そのまま上まで登ってターディスへ。ここでターディスの外観からカット無しでカメラが内部にまで入る初めてのシーン。It's bigger on the insideを実現するために頑張ったとBehind the sceneで言ってた。
びっくりするクララが一度外に出てから中に入って一言。"smaller on the outside" まさかの逆パターンである。
ターディスのデスクトップも変わってた。コンソールがクラシックっぽい。これも50周年のフラグなのかなあ…
前のコンソールの下がコードまみれだったのが好きだったけど、今回はどうなってるんだろう。最終回の前の前の回でターディスの内部の話があるみたいなので待機。

船だと知って、キッチンの場所を尋ねるクララ。「だってスフレを作りたいの」
スフレといえばS7・1話のオズウィン。当然ドクターも「スフレだって…?」と不可解そうな顔。
何故自分を連れてきたのかを訊くクララ。ドクターは君がついてきたんだと主張。この辺もあまり分からず。
そしてターディスの鍵を渡されるクララ。えーっと、新シリーズのコンパニオン最速じゃないでしょうかこれは。早いわ。
何故か涙を流すクララに、ドクターは「だって今日は全ての始まりの日だから!」とはしゃぐ。
これ、個人的にはクララがオズウィンの先祖→彼女の人生を辿ればオズウィンのダーレク化も原因が分かるかも→オズウィンを救える! だったのかなあと。

直後上まで辿り着いてた氷の家庭教師にターディスから連れ出されるクララ。扉閉めておけばこんなことには
そのまま地上へ真っ逆さま。ラティマー邸の庭に落下したのを見てキャプテン・ラティマーが傍に行こうとしたけれど庭は雪だるまだらけ。更に機械で生命反応がないことも判明。えと、まさかの新コンパニオン死亡…

クララの体の真上にターディスが降りてそのまま中へ、そこからラティマー邸へクララを移動。
何かよくわからない機械で一旦瀕死の状態にまで戻ったクララ。ドクターに世界を救って欲しいと頼む。
「救ったら僕と旅に出てくれる?」 --- 「はい」
そしてクララと一緒に回収した氷の家庭教師の破片を持って、ラティマー邸の外で待つドクター・シメオンの元へ。氷が欲しければシメオンのオフィスで会おう、と約束。

オフィスでドクターの謎明かしが開始。The Great Intelligenceは幼い頃にシメオンが出会った雪だるま(どうやら本人は分からなかったor気付いてなかったらしい。この辺もまた分からない)。彼が一人を望んだため、それを叶えるように雪が悪意を持ってしまったのが原因。
ということで意識の元であるシメオンの記憶を序盤で回収した虫で消去して解決…とはいかず。
50年もの間シメオンを操っていたThe Great Intelligenceが既にシメオンを乗っ取れるまでに進化、シメオンは氷のゾンビみたいに復活してドクターも凍らせようとしてくる。

このまま凍りつくかと思った刹那、窓の外で吹き荒れていた雪が全て雨に。シメオンことThe Great Intelligenceも例外ではなく、そのまま溶けて消える。シメオンは死亡。
女性や子供の強い意識が雪を変化させる元だけれど、それほどの強い意志が働いた理由は?
外に出て雨を舐めると塩辛く、これが涙であるとドクターが推測。楽しい日であるクリスマスイブに強く悲しむような人たちというと…

ラティマー邸に戻るとクララは虫の息。「世界を救ったよ」とドクターが話す。この先またもや聞き取れず。
そしてクララの最期の言葉。
"Run you clever boy… And remember"
スフレガール、オズウィン・オズワルドと同じ言葉。


息を引き取り埋葬されたクララ。墓石を見て初めてクララの本名を知るドクター。クララ・オズウィン・オズワルド、スフレを焼き、オズウィンと同じ声。
「クララはオズウィンと同一人物だったんだよ!」と叫ぶドクター。ヴァストラとジェニーはきょとん。
「彼女は2回も死んでる!ありえない!」 


そしてクララを探す旅にドクターは出る。

一方、多分現代。墓地を近道に使う2人の女性。片方は「こんなところ気味悪いよ」と墓には近づかない。
もう片方はクララの墓石の前に佇み、振り返り一言。「私幽霊は信じてないの」。その外見はクララでありオズウィン。
ターディスを動かしてクララを追いかけるドクターで終了。




まさかの新コンパニオン即死亡、もしかしたら復活できるのかもしれないフラグ、更に時代も飛べるフラグ、というクララ超人じゃねーのという話でした。
てっきりオズウィンの先祖だと…そんなのは誰でも予想できるからその斜め上を行ったんだな!さすがモファット!
クララはこうやって毎回死ぬんじゃないの?という噂も。ローリー…?まあ予告がしばらく現代編あるみたいだから多分もう死なないとは思うけど…
しかし同一人物なのに時空を飛べるのは何なんだろう。タイムエージェントかな、とも思ったけどそれなら何で転移前後の記憶が無いのか分からない。

クララの正体を知れるのは4月以降とか辛いっすなあ…

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
イチジョウ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
David Tennantの暑苦しいファンでDoctor Who好きでTake Thatの割と古いファン

普段はtwitterで暮らしています。時折tumblrに出掛けたり。

Davidの最新情報はbotで流してます

その他細かいことははじめにタブに記載

日本在住のDoctor Who初心者向けガイド
最近のDavid Tennant出演作オススメリスト

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

P R

忍者アナライズ

Copyright © log24= : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]