忍者ブログ

log24=

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『Doctor Who』Series 8 #6 "The Caretaker"

クララはドクターとの冒険とダニー・ピンクとの恋愛の繰り返しで、心身共にクタクタに疲れる日々を送っていた。
こんな生活には耐えられないと思う彼女だが、どちらも大事に思っているためこれからも二足の草鞋を履いていこうと決意する。

だがそんなある日ドクターから「今日は冒険には行かない」と言われてしまう。
拍子抜けしたクララはいつも通り仕事に向かうが、その日彼女が勤めるコーアル・ヒル・スクールに一時的に新しい管理人が雇われることになった。現れたのはジョン・スミスと名乗る男、紛れも無いドクターだった。
何故学校に来たのか話さないドクターにクララは気が気でない。ドクターが現れるところには何か問題が起きることをよく知っているからだ。

実は学校の近くにはスコボックス・ブリッザーという戦闘ロボットが潜んでおり、惑星をも破壊するそのロボットを捕らえてタイムヴォルテックス内に飛ばすためにドクターは管理人として潜入していたのであった。
だがその計画は偶然にもダニー・ピンクによって破綻してしまう。

果たしてドクターは学生や教師たちを守りスコボックス・ブリッザーを止められるのか。
そして遂にクララの彼氏と対面することになったドクターの反応は如何に。








日常と非日常の間でグダグダになっていくクララに、追い打ちを掛けるドクターの出現とダニーとの関係に頭爆発しそう!みたいな回でした。

何か、うーん、ドクターがサブでコンパニオンがメインだったせいかちょっと面白さは半減したような気もする。
お話もちょっととっ散らかったままじゃない?特にコートニー周りの取ってつけた感じとか。


クララの彼氏をボウタイをした英語教師(でいいのかな)エイドリアンと勘違いしてニヤニヤしてるドクターは最高に可愛かった。「ボウタイは恥ずかしい」とか前回言ってたくせにー!クララには好きでいてもらいたいのかー!ツンデレかー!
でもダニーのことを体育教師だって言い続けて、数学教師であることを信じない件を延々繰り返したのはちょっと飽きた。あれ最後の最後までやんなくたっていいでしょ…
今彼と元彼の遭遇っていう10thのサラジェーン回の逆再現みたいな雰囲気もちょっとあったけど、それにしては何だか刺々しくてうーん…
オーソン・ピンクの顔を忘れているってのもよく分からないし。いやいやそこは気付くでしょ…だってドクターだよ…そういうパラドックスとかに繋がりそうなことは気付くでしょ…

だがしかしAnother Brick in the Wall (Part 2)を口笛で吹いちゃう12thは本当捻くれてて好き。


久々登場のミッシーだけど、代わりに警官の話を聞いてたプロミスドランドの関係者の男性がわりかし好きかも。




ところでグレアムノートン最新シリーズのカパルディさんがとんでもなく可愛いからみんな見たほうがいい

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
イチジョウ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
David Tennantの暑苦しいファンでDoctor Who好きでTake Thatの割と古いファン

普段はtwitterで暮らしています。時折tumblrに出掛けたり。

Davidの最新情報はbotで流してます

その他細かいことははじめにタブに記載

日本在住のDoctor Who初心者向けガイド
最近のDavid Tennant出演作オススメリスト

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者アナライズ

Copyright © log24= : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]