忍者ブログ

log24=

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イギリス行ってきた記録:1日目 ~着いた初日に行く店がそれか~

前々から「お前はイギリス時間で生きている」だの「よく…向こうの情報覚えてますね…」だの「いっちー大体ドクター・フーの話してるよね」だのと言われている私ですが、イギリスに行ったことはございません。ヨーロッパも行ったことがない。
いつの日か行ってみたいなあ、とは常々思っており、ブンデスリーガを見るべくドイツに行きたいなあとも思ってはおりまして。(言葉の壁がな)

で、1月(!)にデイヴィッド・テナント5年振りのロイヤル・シェイクスピア・カンパニー帰還&2年振りの舞台出演となる「リチャード二世」が発表されて、
発表時点で公式が鯖落ちするというトンデモ事態となり、
どうやら有料会員(確か90ポンド/1年)になれば2月にチケットが買えるらしく、
その後色々ありまして、









行きました



と、いうことで旅行記です





※ちなみに全画像はiPod touch 5thのものなので期待はしないで下さいまし。持ってるデジカメが古いもんで…


朝10時台の飛行機だったため、朝4時起きで準備とか色々して6時頃家を出て8時頃に成田へ。
東京駅からの京成バスが安かったので利用。

事前に予約してたレンタルWi-fiを受け取り、今回一緒に行ったフォロワーさんと合流して出国。



ベタにこういう写真も撮った




一週間ぐらい前にイタリア旅行に行ってたフォロワーさん方が使ってたこのinstaweaterってアプリ、天気と場所とがまとめられて記憶に残しやすいなあ、と思ってばしばし使ってました。
170円の価値はある。


行きはブリティッシュ・エアウェイズを使いました。往復日系だとちょっとお高くなるのでコードシェアで。
本当は機内でデイヴィッドの出てるCMが流れるというヴァージン・アトランティックを使いたかったけど、それだと帰りがとっても早くなってしまうので使わず。




まさかの機内エンターテインメントシステムにBroadchurch全話入り。
全話見ました。全話生で見てたのに。



The BIGGEST UK drama hit of 2013!!
みんな見てね!面白いから!あとハーディ可愛いから!




ドクター・フーは何故かS7Part2の7~10話だけあった
勿論見てた

その他、Tree Fu TomとかEarthflightとかあってデイヴィッド祭り出来るじゃん…って思ったり
Top GearはS19が2エピソードだけあったり、ハムの子供向け番組(オリバーのあれ)があったり、英エンタメ好きにはたまらないラインナップ


日本で積んだからか、食事はとっても美味しかったです(フラグ)

夕飯。タルトがまじうまかった


消灯中に来たやつ。ナチョス食いにくかった。
あとゼリーみたいな容器にミネラルウォーターが入ってて、「何これ…」「フィンガーボール…?」ってヒソヒソ言い合った
ちょっとだけ見える金色の包み紙のチョコがやばい甘かった


多分朝食に当たるもの。謎水再来



この画面で遊ぶの楽しかった


機内ではめぼしい番組を見終わり、暇になったので「リチャード二世」の予習をしてました。
一応1回は読んでいたものの、心配だったので直前に白水uブックスのやつを買って持ち込み。

あと出発前日の公演を見ていたフォロワーさんが「とても素晴らしい舞台だった」と仰っていたため、生半可な態度で向かうのもどうかと思い真面目にしようとした結果↓


真面目に読まないと内容忘れる…!と思った私は一場ごとに1ページにメモってた
こういう時に発揮される無駄な真面目さ。しかも最後の最後でボールペンのインク終わるし


家系図と誰がリチャード側でボリングブルック側かもまとめてた


機内はたまーに乱気流っぽいのに遭遇したぐらいで、殆ど穏やかでした。
前「これもう生きて帰れないわ…」っていうのに乗ったことがあったのでとってもビビってた。



そんなこんなでヒースロー着。大体12時間かな、フライト
やー寒い。東京と10℃ぐらい違う。そして乾燥してる。
何故か滞在中はささくれがいっぱい出来ました。指先常時血まみれ

入国手続きは長蛇の列で20分ぐらい待った。
前の前の前ぐらいに某有名人っぽい人が居て、ツイッター上でそのジャンルのフォロワーさんに確認取ったら本物だったようで



荷物も無くなることなく無事回収し、ヒースロー・エクスプレスへ
いやあ、早かった早かった。あっという間にパディントンに



ベタにくまちゃんを見に行く

宿泊先に荷物を置いたら早速お出かけ
どこに行ったって?私がロンドンで一番行きたかったところです









どーん


ばーん


ドクター・フーとかSci-fi系のグッズを探したりすると検索結果で引っかかるお店、Forbidden Planet
その実店舗で国内一でかいところがロンドンはトッテナム・コート・ロード駅近くにございまして、
前々から行きたくて仕方なかった私は直行したのでした。

もうね、ここはドクター・フーが好きなら最高の空間ですよ
なんてったって"ドクター・フー"って書いてあるコーナーが有るんだよ!?マーベルとかスター・ウォーズとか、それと同じ広さのコーナーが!
一階がグッズ、地下が書籍コーナーに分かれていて、まあ合計金額を考えるのを止めるレベルで散財しました。着いて4時間でこの有り様



エプロン


Tシャツいっぱい


DVD・BDコーナー


オーディオドラマコーナー

 
そのに


書籍コーナー。こんなにいっぱいあるとか買いきれるかっていうね


Beautiful Chaosだけ持ってる。このシリーズの表紙は本当かっこいい


国外配送してくれないディアゴスティーニ的雑誌。思ったよりフィギュアの出来が酷かったので買わなかった


パシリムコーナーもあった。イギリスじゃ興行成績微妙だったんだっけ?



ということでお買い物品はこちら

_人人人人_
> 多い <
 ̄Y^Y^Y ̄


内訳

ちまっこいドクターフィギュア(まだ開けてない)


初めて新品を買ったドクター・フー・マガジン(ebayで中古を買ったことはある)
消失エピソード発見おめでとうございました


カレンダー。これで3つ目


マグカップ


メモ帳。中は罫線だけで柄はなし


パスケース。ちなみにこのポスターは持ってる


滞在中はオイスター入れに、今はパスモ入れになってる
右のは翌日乗ったテムズ・クリッパーのチケット


ポーチ。今はペンケースに。数年間探してたけどやっと良い物が手に入った…


ちなみにこれ、ジッパーを開けると中にもう一つ収納場所があったりします
It's bigger on the inside!


ジプシー・デンジャー。妹へのお土産


雷電ちゃん。飴らしい


雷電ちゃんマグネット×2


今月のSFXはドクター・フー50周年特集。発売日翌日に買える幸せを味わった
ちなみに日本でも売っててうちにも何冊かあるけど、今月号は注文されすぎたせいで紀伊國屋書店が店舗取り扱いなしになったそうですよ。本気出したなみんな…


Tシャツ。確かカパルディさんの発表時にコメディアンっぽい人がこれ着てた


買わなかったもの
・各ドクターの衣装プリントのTシャツ(10thだけ無かった)
・ユニオンフラッグペイントダーレク(デカすぎ…置くところ無い…)
・各ドクターとそれぞれの時代のダーレクセットフィギュア(10thだけなk)
・上のミニフィギュアの全員セット(細かいものこそ飾る場所がない)
・各ドクターのリアルお面(正直に言おう、気持ち悪かった)






この日はロンドン映画祭の開催期間中。
誰かレッドカーペットとか来るんじゃね?ということでレスター・スクウェアへ。
レッドカーペットも敷いてあって人だかりも出来てて、でも何の映画か分からない。
近くに居た人に聞いたりネットで調べて、その日は「Kill Your Darlings」の日でした

ということで何とか潜り込んで写真を撮りまくってきました。
まああんまり綺麗には撮れなかったので、主演2人(で合ってるよね)のまともそうな画像だけ


デイン・デハーン
私は名前しか知らない。同行者さんは大好きだそうで興奮してた。「クロニクル」に出てるらしいね


ダニエル・ラドクリフ
この時はもう、
「ダンー!ダニエルー!」と悲鳴を挙げる女子
 vs 
大量のハリポタスチールを手に「ダニエル!サイン!」と叫び続けるテンバイヤーっぽいおっさんども
 vs 
レッドカーペット側から抑えるセキュリティ
に挟まれるイチジョウさんの構図でもう身体が割れるかと。Forbidden Planetで買ったグッズの保護と写真撮影でもう大忙しだった

この日一番言った英語は「潰 す な !」


この2人だけでもう疲れちゃってこの場を離れちゃったけど、実はその後にTake Thatのゲイリー・バーロウが来てたと翌日のEvening Standardに書いてあって声にならない悲鳴を上げましたとも
何だよ…何で後から来るんだキャプテン…しかもドーンさんと一緒とか生で見たかっ…






近くにあった「そして父になる」のポスター
後ろを通った夫婦が「これ見たいのよね」って言ってて、あ本当に海外で受けてるんだなと







ベタな観光地シリーズ
「あーRDJホームズがこの辺から川に突っ込んだよねー」とか「あージャックがローズとダンスしてたよねーあの空中で」とか思ってた


ロンドン・アイ
9thとローズの出会いといえばこれでしょう


この後ぐるーっとロンドン・アイの近くまで歩いて、またテムズを渡ってウエスト・エンドあたりまで戻って夕飯


Bella Italiaっていうチェーン店でパスタ食べた
トマトとマッシュルームとモツァレラ。美味しいんだがまー量が多いこと
渡英資金のために食費を削ってたためここしばらく食事量が減ってたんだけど、そのお陰で余計に食べられないという


そうそう、イギリスはメシマズだってよく言われることですが、疲労のせいとか意図せずしてイタリアンばっかり食べてたとか一応都会だしとか色々理由はあるかもだけど、別に不味いなあとは思いませんでした
普通。日本でもこういう店あるね、っていうぐらい普通
値段を考えれば相応のお味でした




で、地下鉄乗って最寄りまで帰ったら大体23時過ぎになってこの日はおしまい


雑多な話
・荷物を置いていざ出かけよう、って時に最寄り駅のリフトがまさかの故障。しかも乗ってる時に
 満員ぐらいに乗る→扉閉まる→開く→「誰だーボタン押したの」「誰も押してないけど」「何それ怖い」→閉まる→動かない→「無いわー」「誰かどうにかしろ」→開く→隠しようのない溜息で満ちるリフト→閉まる→降りる→キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!→下に着く→扉開かない→『嫌な予感がする』→リフト上がる→「これ駄目だわ、みんな階段使いましょう」→開く→一斉に階段(狭い)に向かう人々
 まー、素晴らしいアクシデントよねこれ

・ロンドン、狭い。大阪っぽい。大都市と思わせて繁華街は徒歩で回れるレベルって意味で

・地下鉄の運転が荒くて海外感を味わう。後にバスでも同じ気持を味わうことに

・ロンドンの人は信号を守らない。この辺も大阪っぽい。(別に批判してるわけではない)
 取り敢えず歩行者信号のボタンは押すけど車通り無かったら突っ込む。最初はビビったけど律儀に守ってたら観光客丸出しなのでまあ、その辺は郷に従いました

・硬水で顔洗うとやばい、と聞いてたけど別にそんなことはなかったぜ




2日目はそのうち
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
イチジョウ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
David Tennantの暑苦しいファンでDoctor Who好きでTake Thatの割と古いファン

普段はtwitterで暮らしています。時折tumblrに出掛けたり。

Davidの最新情報はbotで流してます

その他細かいことははじめにタブに記載

日本在住のDoctor Who初心者向けガイド
最近のDavid Tennant出演作オススメリスト

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

P R

忍者アナライズ

Copyright © log24= : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]